• ネコ対策に有効な方法

    ネコ対策として有効な方法は、忌避剤を使うことです。
    ネコの嫌いな匂いや刺激性により近づきにくくすることができます。
    ただし、雨や風などで効果は次第に薄くなっていき、臭いにネコが慣れてしまうことで効果が薄れてしまいます。



    そのため、定期的に交換したり、同じものは使い続けずに時々種類を変えることになります。



    ただし、化学薬品などを使った忌避剤の場合は、化学物質過敏症などの健康被害の誘因になる可能性もあるため、使わない方が安心です。


    ネコ対策用の忌避剤としては、木酢液や竹酢液、市販の忌避剤などがあります。
    また、顔の強いハーブなどの植物を庭に植えたり、鉢植えをネコの通り道に置く方法もあります。



    忌避剤以外のネコ対策としては、出入り口や休息する場所、足場になる場所などにネコの嫌がるものを置くことです。簡単な方法としては、水を撒くことです。ネコは水を嫌うため、ホースを使ってたっぷりと水を撒く方法も有効とされています。

    また、とげのある植物を植えたり、地面を被うような植物を植える方法もあります。
    柔らかい土の地面は、トイレとしてネコが使うことがあるため、植物で覆う方法、タイルを敷き詰める方法などが有効とされています。
    ネコ対策には、いろいろな種類がありますが、ネコには、個体差があるため、効果がない場合もあります。ネコの侵入経路やふん尿をする場所などを調べておくと効果が高まります。

    また、虐待にあたるようなことをしてしまっては、法律で罰せられるため、注意が必要になります。